天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

ガンガン仕事したいけど丁寧にも暮らしたい

こちらの記事を読みまして。

www.yoshikoo.com

前段のおばあさまのお話が凄い!突き抜けてらっしゃるな〜と微笑ましく思いつつも、結構そういうことやっちゃうかも(特に一人だったら)とも思ったりしました。

で、yoshikooさんの、

電化製品を選んで買うこと、それから使い方を憶えるのが面倒こと、さらにそのメンテナンスが嫌いなことだ。ようは電化製品そのものが基本的に、私の購買意欲を全くそそらないところなんだと思う。

を読んで、「え〜そうなんだ!!」とガジェット好きの私としては思ったのですが、よくよく考えると、ここ数年、「あ、これ使ってみたい!」と思ってチェックしても、実際に導入に踏み切るまでの時間がどんどん長くなってる気がします(汗)。

これはもう、時間がないというよりも(時間は昔からないし、子育て期より絶対今の方が余裕はあると思う)、加齢とともに体力・気力が減退しているせいですねぇ。不調があったときにメンテナンスに手を掛けるとか、サポートに連絡して対処するとかも億劫が先に立ってなかなか動けない。

その点、上記の記事に引用されている、勝間和代さんは凄いと思います。この辺りのフットワークの軽さがもの凄い。それによって、日常の快適さをガンガンアップすることに対する情熱が強いんだろうな、と。

上記の記事には、こうした家電で生産性をアップしてもその分の空いた時間でやりたいことが特にない、という話も出てくるのですが、生産性は脇に置いておいて、楽になる・快適になるのは嬉しいしご機嫌になる。一方で、時間をかけて丁寧に暮らすこともご機嫌でいられることへの寄与が大きかったりもするんだよね、私の場合、とか思ったのでした。

ややこしいのは、丁寧に暮らしたい、という思いが強くあるにもかかわらず、ガンガン仕事したい、という欲求も同じくらい強くあるということで、この2つってあんまり両立しない。。

今の時期が最繁忙期であるということと、4月からの兼務と5月からの役割追加で数年に一度の領域拡大期(見える範囲が一気に広がる)に当たっていて、仕事上のやりたいこと(自分で確かめたい・根拠に当たりたい・知識を増したい)が激増しつつ、役割上質問される・確認承認を求められる頻度と量も激増している昨今で、ここ2週間ほど熱に浮かされたように仕事している気がします。

これって、以前法務部長拝命して株主総会の運営統括に指名されたときの状況によく似ているので、体調に気をつけないとまずいんですが、幸いなことに?テレワーク下であるため、当時よりはずいぶん楽に自分を仕事に突っ込める状況にあるのでした。

backstage.senri4000.com

具体的には、朝から夜まで仕事するにしても、合間合間に家事をすることができるので、洗濯したり、掃除したり、アイロンかけしたり、といった手仕事を、大々的に出なくてもちょこまかすることで、気持ちを穏やかにしたり、ちょっとした達成感があって気分がよくなったりします。オフィスに詰めきりだとこうしたことって並行してできなくて、大体は大残業になって帰ってくるので、家は荒れ放題になり、気分が荒むとう循環があるのですが、それがないのは大きな違いです。

ただ、料理に対する意欲は落ちますね。料理って、家事の中でも創造性が高いし段取りとかも重要でそれなりの頭脳労働が必要というか、仕事で使っている頭の使い方と共通するところが多いんだろうな〜と想像。なので、仕事の密度や量が上がると料理意欲は落ちる。同種のことをやりたくない気持ちが強くなるのかな、と。

幸いなことに、息子2号が料理意欲強めの現状なので、まあお任せしておけばそれなりにまともなご飯が食べられます。合宿などで彼が不在になったり、調子を崩してしばらく料理できないみたいになると一気に貧しい食生活に突入してしまうので注意。。

コンビニ飯は嫌いだし、UberEatsで食べたいものもあまりない、という私は、適当に冷蔵庫のチーズをパンに乗っけて毎食食べかねない。せめてホットクックで蒸し野菜は常備しよう、玄米は炊いておこう、調理済みの魚の冷凍を常備しているのだからそれを食べるくらいはやろうよ、とか思うのでした。

poke-m.com

そして、もう一つ落ちるのは、本を読んだり、こうしてブログの記事を書いたり、ネット上でものを調べて申し込みなどしたり、といった、仕事と同種の作業でプライベートのものです。料理よりさらに類似度が高いので、もう全然やりたくない(苦笑)。

すでにたすくまの記録が欠けがちになっていますし、日記も歯抜けが増えています。記録が疎になってくると振り返りができなくなって人生の充実度が落ちてくるので好ましくないんですが、わかっていてもやめられないくらい仕事に突っ込む誘惑が強い。。

と、とりあえず、現状をなんとか書き留めて戒めに?しておこうと思います。