天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

10月のまとめ (2020-W40〜W44)

秋らしい10月となりました。昨年の10月のまとめを読み返して、ずいぶんと違いがあるな〜とびっくり。変動はあったものの、しっかりと朝晩の気温が下がっていき、日中は明るく秋晴れが多く続き、紅葉も進んでいるのが見て取れ、全般に気持ちよく過ごしました。台風14号までは日本に影響がありましたが、その後は発生してもこちらに来ないで終わってしまったようですね。

f:id:senri4000:20201016115002j:plain

気候が落ち着いてきたおかげで、ガタついていた体調も落ち着いてきて、運動量を増やしたり、睡眠をしっかり取るように心がけたこともあって、概ね良い調子になりました。夏の疲れやコロナ禍での生活の変化が体調に乱れを呼んでいて、健康診断の結果もあまりよろしくなかったので、健康的な生活を第一に過ごしていきたいな、と改めて思ったことでした。

さて、10月もオフィス出社は3日でした。旅行週だけスキップして、他はなんだかんだと週1回ペースで行っていました。当初は月に1回くらいでは、と思っていたのですが、なんだか呼ばれることもあって締めてみると週1回ペースになることが多い傾向ですね(昔の出張ペースみたい)。

今月の良かったこと

  1. 下見旅行がとても楽しかった
  2. 言語化しておくことの大切さについて改めて
  3. 歩く量を大幅に増やしました

1. 定年と老後とライフワーク

65歳までの雇用確保が全企業に義務化されるのが2021年の4月から。これまでも徐々に広がってきているわけですし、70歳定年も努力義務になるということで、定年を引き上げて65歳や70歳にする企業も出てきているようですね。とはいえ、大半は60歳で一旦定年に達し、希望者は再雇用という形かと思います。義務化を見据えて現在再検討の真っ最中という企業も多いように聞きますけれども。

で、夫の勤務先も見直し検討中ではあるけれども決定にはもう数年かかりそうで、彼の60歳到来には間に合いそうにありません。私の勤務先に至っては全く見直しは考えていないだろうと思われ(苦笑)。ということで、60歳時点で二人とも正社員身分は一旦終了となることを前提にこの先を考えていく必要があります。

上場企業ではあっても大企業とは言い難い私の勤務先では何事も直前にならないとさっぱりわからないのですが、夫の方はさすがにそんなことはなく、すでにその先のプロジェクトのようなものも相談があったりもしているようで、自分がその気になればおそらく希望の形で仕事が得られるのでは、とのこと。一方で、彼のライフワークは囲碁の普及活動でして、金銭面の事情が許せば全面的にそちらに邁進したいくらい。おそらくは、週の半分を継続雇用で半分を囲碁のために使う形を考えていくことになりそうです。それを二拠点でやるのも無理がないように思いますので、具体的に考えていきたいよね、と。

backstage.senri4000.com

カナダから帰ってきて今の家に住み始め、来年で20年になります。そして拠点を移して、また20年くらいかな?80歳くらいまではなんとか自力で動けることを前提にしてプランを組んでも良いのではと思うので、その先まだ生きていれば介護サービス付きの老人ホームとかですかねぇ。この辺りは制度も状況もどんどん変わっていくと思うので、現時点でのイメージだけですが。

そして、私自身のライフワークはどうなるのだろう。仕事以外の活動をもう少し広げて見える景色を変えてみる必要があるのかもしれません。

2. 指導を指導する

9月で半期が終わり、10月は賞与のための人事考課の実施月間でした。半年を振り返るためには、印象でやっつけるのも客観性に欠けるので、様々な指標を毎月記録して変化を見たりしています。ただ、指標だけで評価もできないので、それをトリガーに定性的なことを当てていくわけなんですけれども。

管掌する範囲や人員の数が増えるに従って、直接現場に手を出すことは減ってきて、課長や係長からの報告を受けて指摘する・指示するのが大半になってきます。概要は押さえているつもりでいますが、具体的にどのようにやっているのかはお任せしているのでよく分からない。

特に知財側は私も土地勘があって慣れているし任せやすい上、法務は私にとって新しい領域で課長職に入ってもらえたのもつい近年だったりするため、私自身のウエイトは法務に寄せてここ3年やってきていたんですよね。それが、久しぶりにガッツリ特許訴訟(米国)を抱えることになり、平時の体制でやれなくなって3ヶ月。知財側の課長の代行のようなことをやっています。そして、3年て長いわ。やり方がずいぶん変わっていて分からない〜。人も変わってますしね。

特に、経験の浅い商標担当者の指導体制を変えまして、そもそも前任者が辞める前に突貫で作ってくれたマニュアルはあるのだけれど、わかっている人が作った、ずいぶん融通性の高いマニュアルって、そのまま適用ができるわけでもなく、過去の例に倣ってやってみるとそれもなんというかとても柔軟であれこれ幅があるというかブレているというか、その場その場で検討して判断してやっているとそうなるんだよねぇ、全般理解してたらまあそれでもいいんだけど、初心者がそれを見て同じようにやれるかというとそんなことはない、という状況で。

指導する人も新しく当てているのですが、商標のベテランではないので、これが案外良い方向に作用しているというか、いちいち自分でも考えて、理由を立てて整理して、次にも同じように使えるように、という視点で取り組んでもらっています。その指導ぶりをSlackのチャンネル上で見つつ、時々茶々入れしたり、質問に答えたり。

担当者はイマドキの若者だからなのか、深く考えずに文章を出してくることも多くて、その度にみっちり突っ込まれているため、ずいぶん考えられるようにもなってきたように思いますが、これをいちいち言語化して考えさせるって、テキストチャットだからできることかもしれないな、とか思ったりしています。全部記録に残って振り返ることができるので、印象や記憶で終わらない。

このまましっかりやって行けば、担当者も指導者の方もきっとかなり伸びるだろうし、業務マニュアルやフローも標準化されて後進にもわかり易くなるのでは、と期待しているところです。何よりやっていてクリアになっていくさまが楽しい。

3. 健康生活

冒頭にも書きましたが、ガタガタに崩れた9月からなんとか立て直した1ヶ月となりました。食生活は先月変更した状態ですっかり定着し、9月に続いて10月もノンアルコール月間でした。スイーツ欲求も無くなって、たまに機会を得て食べてもその後引きずらないというか、続けて食べたくなったりもしなくなりました。

アルコールにしても砂糖にしても依存傾向が強いものなので、止めているときはいいいけれど、一度食べたり飲んだりしてしまうとその後再び止められるのだろうか?と不安に思ったりしたのですが、特に問題ないようです。特に我慢している感じではないためか、欲求が爆発して止まらない、などということもありません。

運動量は、思い立って10月半ばくらいから歩く頻度=量を増やして定着してきました。思い返せば朝ウォークを始めた頃はこのくらい歩いていたのかも、スマートムーブゴールもいっとき500を超えていたのにどんどん動かなくなってどんどん減っていったような。後半ひたすら歩いていた甲斐あって、ムーブの月間平均は584(目標は420〜440〜480〜520)でした。ちょっとした移動なら歩いてしまおう、と思えるようになってきたので、この調子を崩さずに距離を伸ばしていきたいと思います。

睡眠については、1ヶ月間の平均睡眠時間が7時間57分、深い睡眠がなかなか伸びないのですが、平均1時間50分。良質な睡眠が5時間57分。これらを総合した睡眠評価は91%だそうです(Auto sleep)。過去の履歴も見ていると、やはり夏の間は睡眠評価が低めになっています。10月は、睡眠をしっかり取ろうと心がけたこともあり、全体の睡眠時間が平均30分くらい伸びたかな。

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します

  • Tantsissa
  • ヘルスケア/フィットネス
  • ¥490

ということで、食事・運動・睡眠の3本柱を2ヶ月かけて整えてきたと言えそうです。この先もう少し背筋と腹筋を鍛えて人並みの体に?持っていきたいなぁ、と。しかししかし。ここまで2ヶ月かけてずいぶん生活変えたと思うんですが、体重・体脂肪は全く変わってないのはなぜですか〜??本当に見事に全然変わらないんですけど!!

今月読んだ本

リアル書店に行くと勢いがついて読書量が伸びるということがよくわかりました。が、最近の印象として、全然インプット足らない。もっと集中してガッツリ読んで点と点を頭の中でつなげることをやっていきたいよ〜。10倍くらい読みたいんですけど!!

読了本 16冊

自分に合った終の住処の選び方 ハンドブック

自分に合った終の住処の選び方 ハンドブック

  • 作者:禎, 伊藤
  • 発売日: 2020/01/01
  • メディア: 単行本
在宅介護&高齢者ホームのすべて2020

在宅介護&高齢者ホームのすべて2020

  • 作者:東海通信社
  • 発売日: 2019/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
蜻蛉 7 (花とゆめコミックス)

蜻蛉 7 (花とゆめコミックス)

  • 作者:河惣益巳
  • 発売日: 2020/08/20
  • メディア: Kindle版
AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AIに負けない子どもを育てる

AIに負けない子どもを育てる

たちどまって考える (中公新書ラクレ)

たちどまって考える (中公新書ラクレ)

ディスカヴァー文庫 滔々と紅

ディスカヴァー文庫 滔々と紅

  • 作者:志坂圭
  • 発売日: 2017/07/13
  • メディア: Kindle版

読みかけ

本を売る技術

本を売る技術

  • 作者:矢部 潤子
  • 発売日: 2020/01/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

移民の世界史

移民の世界史

八咫烏外伝 烏百花 蛍の章 (文春文庫)

八咫烏外伝 烏百花 蛍の章 (文春文庫)

奇跡の人 The Miracle Worker (双葉文庫)

奇跡の人 The Miracle Worker (双葉文庫)

今月の週まとめエントリ

W40 9/28~10/4

backstage.senri4000.com

W41 10/5~10/11

backstage.senri4000.com

W42 10/12~10/18

backstage.senri4000.com

W43 10/19~10/25

backstage.senri4000.com

W44 10/26~11/1

backstage.senri4000.com