天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

3色ホルダーに同じ色を3本

先週末、とあるセミナーに出たところ、2日間1日中みっちり(9時半〜16時過ぎ)だったのですが、最近には珍しい、スライドなし、配布資料なしの板書タイプでした。当然受講側は板書を見ながら講義を聴きながらひたすらノートを取ります。講義の内容とこの手法はとてもマッチしていて良い感じで、板書も図解あり、字もも大きかったし、で見やすく、講義内容の頭に入りようも良かったように思います。(セミナーの資料作りと進め方に想いを馳せたりしました)

で、この形式だったため、最近すっかり書く量が減っているアナログノートにガンガン書くことになりました。ここ数年というか見つけてからはずっと三菱uniのスタイルフィットを愛用しているのですが、1日目の半ばでブルーブラックのインクが切れまして、その場でリフィルに交換しました。帰ってからリフィルを補充しようとしたら、まさかの自宅に在庫がない。最近家であまり書き物していなかったせいか、会社に全部在庫を置いたままで持ち帰ってきていなかったようです。うーん。月曜に出社したら忘れずに補充しなくちゃ。と思って終わりました。

がが、翌日午後の講義になったら、なんと昨日替えたばかりのブルーブラックがまたしてもインク切れ! え〜!! いくらなんでも早いでしょう(泣)。仕方なく、そのあとの講義のノートは緑で取りました。緑の文字がノート一面に広がるのって、見にくい。。基本差し色なんですよね。緑とか赤とかって。地の文は黒から青までが適切だと思うのでした。わたし的には、黒だと重いので、ペンの遍歴はあってもブルーブラックが基本。水性ボールペン時代はブルーブラックがなくて青を使っていたこともありますが、これも割と深めの青だった覚えがあります。

後から考えたら、ワークポーチの中にも1本スタイルフィットを入れていたので、そっちに切り替えて書けばよかったわ〜。思いつきませんでした。

緑の文字で埋まったノートを見ながら考えていたのですが、最近、スタイルフィットの緑や赤の出番て減ったな、と。上記したように、この2色って差し色で、注記したり、コメント入れたり、強調したりするのに使います。この用途には、最近はフリクションスリムを使うことが圧倒的に増えました。

パイロット フリクションボール スリム LFBS-18UF 0.38mm 10色セット

パイロット フリクションボール スリム LFBS-18UF 0.38mm 10色セット

フリクションは、消せるボールペンとして大ブームが起きた時にいくつか種類を試してみて、腕に合わない(筆圧の関係で負荷が高い)ということで見送っていたのですが、少し前にマイブームだった(今では手帳が多すぎて続かずやめてしまった)ムーンプランナーに書く時に色が欲しくて&消せる機能が欲しくて使ってみたのが始まりで、手帳用として何色かスリムを持つようになりました。

backstage.senri4000.com

すると、セミナーなどで配布される資料に書き込みするときなどは、スタイルフィットでするより書きやすいんですね。大抵スペースが限られているので細かく書きたいし、書き損じた時は消して書きたい(スペースに限りがあるので、書き損じを書き直すスペースもない)。書き込みは、多色にしたく、赤・青・緑の3色は押さえておきたいところ、スタイルフィットは青を持っておらず、ブルーブラックになるので、これだと地の文ぽくてコメントとしては読みにくくなってしまう。といった理由かな、と思います。

なので、今のペンケースには、こんな感じでスタイルフィットの3色ホルダーマイスターとフリクションのスリムが4本入っています。ガンガン書く時にはブルーブラックのスタイルフィットを使うけれど、そういう機会ってめっきり減っていて、資料へ書き込む時にはもっぱらフリクションになっています。

f:id:senri4000:20190827053927j:plain

と、ここで冒頭のスタイルフィットインク切れの話に戻ります。ゲルインクは滑らかで引っかかりがなくとても書きやすい反面、インクの減りがとても早いというデメリットがあります(共通認識のようですが、何故なのか書いてあるものが見つけられず理由は不明)。会社近くに常時安売りをしている文具店があるので時々買いに行って10本とかリフィルを買って在庫にしているのですが、持ち歩いているのは流石に1本です。リフィル1つじゃ追いつかないって一体。。。

そうだ! スタイルフィットの赤と緑がもうお役目終了でフリクションに出番を譲ったのであれば、3色ホルダーから外して全部ブルーブラックにすればいいじゃん!リフィル2本付きと一緒だよね〜。

ということで、早速出社してから赤と緑をホルダーから取り外し、会社に置いていたブルーブラックの在庫リフィルに交換したのでした。もちろん、リフィル自体もペンケースに1本補充しましたよ。これでどれだけガンガン書いても安心だね!(ってそんな機会はあまりないような気もする)

あ、ちなみに、なぜ3色ホルダーを使い続けるのかについては、重さや太さ、ペン先までの傾斜角度の関係で、単色ホルダーよりも使いやすいという事情によります。どうせ3色ホルダーなら有効に使いましょう、かな。