天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

iPad Air第4世代+Smart Keyborad Folio+Apple Pencil第2世代

ということで、GWに入ってすぐに届きました、iPad Air。

f:id:senri4000:20210504161100j:plain

私のiPadの使い道は、

  1. 外出時の友(書きもの、机のあるところでのネット閲覧、読書、稀に動画視聴)
  2. 読書端末(Apple Books, BookLive, Kindle。iPhoneでずっと読むのは辛い)
  3. PDF読み込み端末(Notabilityで書き込み。印刷して読むってしなくなった)

Notability

Notability

  • Ginger Labs
  • 仕事効率化
  • ¥1,100

でして、iPhoneとMac Book proの間を埋めるものです。宿泊かつ車移動でないと重くてMac Bookは持ち歩きたくないので、上記の1〜3のいずれも用途的に他と被っておらず、ないと結構困るポジションを確保している感じですね。まあもう初代のiPadを待ちかねて買ってからずっとのお付き合いですから、それなりに使い途も、使い分けも確立したということでしょう。

で、先代のiPad pro 2016 (9.7)も同様の使い方をしていたのですが、最近は動きがもっさりしてきていたことに加え、スマートキーボード(2代目。コネクタ不具合?で無償交換してもらった)の接触が不調でほぼ使えなくなってしまっていたんですよね。

backstage.senri4000.com

3月〜4月前半など全く外出できない状況だったのでまあいいかと放置していたのですが(読書端末やPDF端末としては特に支障なかったし。これらはあまりパワー要りません)、そろそろ外出もちょいちょいしたい感じになってくると、キーボードつけてるのにソフトキーボードが表示された時の残念感たるや。。。となっておりました。

で、Appleの発表会を待っていたのですが、iPad proの新しいのがあまりに先鋭的(スペック的にもお値段的にも)であったため、これは私には流石にオーバースペックだという判断になり(なにしろ趣味端末ですから。仕事には使っておりません。PDFは読むけど)、昨年出たiPad Air第4世代をすかさず注文していたのでした。

上記の用途で使いますので、外部キーボードは必須です。これも、割と長いことキーボードを使ってきた経緯がありまして、純正スマートキーボードに勝るものはないという評価になっています(Bluetoothは接続が弱すぎ。すぐに立ち上がらないときや接続不良になった時のストレスが半端ない。そしてそういう頻度がまた高い)。スマートコネクトって何も手続きせずに即繋がるのでストレスフリー(その分トラブルになった時のリセットの方法とかもなくて逆に困ったりもするけど)。

また、キーボードが小さいため、タッチミスが起きやすいとか、当然ながらキータッチが浅いので長い入力には向かないとか色々意見もあるようですが、私にとっては十分大きい(私は全部が小さい。手も小さい)ので問題なく、これで数時間仕事しても特に問題ありません。

ということで、今回も、同時にSmart Keybord Folioを購入。先に届いて待っておりました。使い勝手も前のSmart Keybordと変わらないだろうと思っていたのですが、背面を覆う形になってコネクタの場所が変わったことで、見開き手帳型になり、取り回しの勝手がだいぶ変わりました。

特に、ダブルでケースに入れたり別ケースと機会に応じて取り替えたりする予定はないので(使う時はすぐキーボードが打てる状態にしておきたい。検索の入力だってキーボードからしたい)、タブレットとして使うとき=キーボードを裏に回したときの違和感が凄い。そりゃ確かにキーに触っても入力はされないんだけど、むき出しですか・・。さらにカバーつけたらそりゃ重いだろうけど、でもね、みたいな。まだちょっと慣れません。

キーボードで言うと、これまで使っていたのはUSキーだったところ今回JISキーボードになったので、Mac Book proと揃いまして、キーミスが減りました。地味に嬉しいかも。USキーボード一押し、というこだわりの方が多いことは承知していますが(息子1号がこれ)、私にとってはWindowsはともかくMacはかなキーと英数キーが独立しているのを高く高く評価しているので(トグル式じゃないので必ず英数半角になるのがものすごく重要。英数が全角になったり変換されたりするのが一瞬でも目に映るのが我慢できない)、JISになってキーボード切り替えする必要がなくなりストレス減りました。

キーボードの話ばかりしていますが、iPad Air本体は、それほど劇的にパフォーマンスが上がった体感がなく(ありゃ)、家のWi-Fiが弱いところだと受信があまり得意じゃなかったりして多少の残念感があります(Macが素晴らし過ぎるだけかもしれませんが)。何もストレスなく使えることが大事なので、全般に満足していますし、さほど大きさも変わらず重さも変わらない(これも体感)のに画面はかなり広くなったのはとても嬉しい。

そしてApple Pencil。これはもうはるなさんのiPad Workersを読んで、ついに紙のノートを全廃しようかなと考えているところです。アクションプランナーも廃止した今、それでもメモノート(リングノート)は使っていて(頻度は低くなりましたが)、使い終わるとスキャンしている状態。

backstage.senri4000.com

それならハナからデジタルでノートテイキングしたいところですよねぇ。。。しかし、会社で自分のノートにメモするのは何も言われないのにデジタルで自分の端末にノートを取るのが禁止されるのは納得がいかない。。ここをどうするのか問題はあります(とはいえテレワークなのでそういうシーン自体がなくなっているという話もある)。

iPad Workers ノートアプリとApple Pencilの活用

iPad Workers ノートアプリとApple Pencilの活用

  • 作者:五藤晴菜
  • 発売日: 2021/04/02
  • メディア: Kindle版

以前のiPad pro 2016はまだ第1世代のApple Pencilしか使えず、私の手には重かった(バランスも悪かったと思う)。30分ノートを取ったら手が死にました。

backstage.senri4000.com

第2世代の方がだいぶ小ぶりなので行けるといいなぁと思っていますが、まだノートをとる機会に恵まれないので実証はこれからです。普段のタスクリストやメモはわざわざ手書きにすることはないので、ほとんどミーティングメモや稀にアイデアメモくらいしか手書きの機会がなく、後はやっぱりPDFへの書き込み用途なんですよね。どう考えても手で描くよりタイピングの方が速いし。また、ノートアプリをどうするのか問題もあります。PDFへの書き込みはNotabilityで満足しているのですが、これをそのまま手書きノート用に使うかと言われるとどうなんだろう?iCloudでMacから直接ファイルを持ってこられないのが気に入らないというところもありますし。息子1号が以前購入しているGoodNotes 5も試してみようかなぁ。

GoodNotes 5

GoodNotes 5

  • Time Base Technology Limited
  • 仕事効率化
  • ¥980

とりあえず、息子1号がiPad pro 2018+Apple pencil第2世代を使っているので、区別するためにスキンシールを貼ってみました。ちなみに息子1号は常にMac Bookと一緒に持ち歩く人で、キー入力は必ずMacですることからiPadはもっぱら手書きでノートをとるときしか使わないらしいです。

徐々に使って行って、気がついたことがある都度また記事にしたいと思います。とりあえずは届いたよ〜のファーストインプレッションでした。